電子タバコ通販おすすめランキング

ホーム > 電子タバコ情報 > 禁煙場所での電子タバコの利用は可能か

禁煙場所での電子タバコの利用は可能か

禁煙と書かれているところではタバコを吸うことができません。
法的にどこまで効力があるかわかりませんが、電車の車内などではほとんどの人が守っています。
ホームなどでは一部駅員が見ていないのをいいことに吸っている人はいます。
でも多くの人は守っています。
タバコはどこでも吸っていいものではなく、喫煙所で吸うものの意識が無くならないとなかなかマナー違反は亡くならないでしょう。
では電子タバコはどうかです。
成分的にはタバコのような害が出るものではありません。
受動喫煙の問題もないとされています。
電子タバコの扱いは、駅や施設の管理者によって対応が異なります。
一部の駅では、はっきりと禁煙場所では利用しないように書いています。
健康被害よりも、混同しやすいことがあるからでしょう。
車内などでも実質的には利用することができないのが現状になります。



電子タバコではにおいに気を付ける

街中で食べ物のいいにおいがしてくることがあります。
その時にはその食べ物を買ったり食べたりすることがあるでしょう。
これはそれが好きな人だから感じることでしょう。
においの感じ方は人それぞれ異なります。
好まない人もいることを知っておきましょう。
タバコの場合、煙やにおいの問題があります。
健康被害もあり、吸わない人の周りでは吸わないのがマナーとなっています。
では電子タバコはどうかです。
こちらはタバコに似ていることもあって、一定の制限を設けているところもあります。
場所によっては自由に利用できます。
利用者であれば理解しておきたいのは、無害だったとしてもにおいが出ていることです。
吸っている人にとってはいいにおいとしても、それをあまり好まない人もいるかもしれません。
となると、その人たちい迷惑をかける可能性が出てきます。
タバコでないからいいわけではありません。



未成年が電子タバコを利用することができるか

法律で、タバコとお酒は20歳以上でないと楽しめないとなっています。
法律に違反すると罰せられることもあります。
実際に行った人だけでなく、それらを売った人も責任を問われる場合があります。
コンビニなどでは年齢確認をしてお使いでも買えないように規制をしています。
電子タバコに関しては未成年でも利用できるあどうかです。
今のところ、法律は特に変えられていません。
つまりは、タバコとは異なるもので、タバコと同じような規制がされていない状態です。
規制がありませんから、子供でも利用することが可能です。
法律できせいされていないからとその取扱いを進めるのも問題です。
それなりに普及しだしていて、自治体によってはタバコと同じように禁煙場所での利用を禁止しています。
そのことから、今はタバコと同じように扱うとしているようです。
販売店でも未成年に販売していないところが多いです。

次の記事へ

ページトップへ