電子タバコ通販おすすめランキング

ホーム > 電子タバコ情報 > 電子タバコは本当にタバコの代わりになるのか

電子タバコは本当にタバコの代わりになるのか

電子タバコは、本物のタバコと比べて健康面での害もなく、周囲の人にも迷惑をかけないといった理由から急速に普及してきました。
電子タバコでは様々なフレーバーを選ぶことができます。栄養ドリンクやフルーツまでいろいろな種類のフレーバーが存在しています。気軽に味を変えて楽しめるのも電子タバコの特徴の1つです。しかしながら、本当にタバコの代わりになるかといえば疑問が残ります。やはり吸い心地という点において大きく劣るという意見が多数あります。禁煙するための気休め程度の物といった感覚を持っている方も多いでしょう。いろいろなメーカーから販売されていますが、ものによっても使いやすいものからそうでないものまで様々です。
リキッドを補充したり取り替えたりするのが手間だと感じる方も多いようです。それが改善されるともっと普及するかもしれません。


国内で売られている電子タバコの特徴

国内でも電子タバコは売られています。しかし、薬事法によりましてニコチンが活用できません。この部分は外国とは異なるところです。
外国製品にはニコチンの加わっているものもあることから、通信販売や輸入時には留意することが不可欠です。たばこは、ライターなどを通して火をつけ、ニコチンなどが加わっているタバコの葉と囲っている紙の煙を吸いますが、電子タバコは、吸入器によりまして、何種類もの香りをセットした水蒸気を吸います。その場合、カートリッジに含まれている液体がバッテリーによって加温され、霧という様な煙を外に出すメカニズムになっています。ここにきて、カラーも形態もスタイリッシュな吸入器も売られています。
以上のように火を利用しないで電気を使って希望のニオイをエンジョイできるといったところが電子タバコの特徴といえます。


電子タバコで禁煙が成功する理由

タバコを吸っていた人が禁煙に失敗する理由は、タバコの代わりとなる物がないという場合が多いです。どうしても吸いたくなってしまいます。
しかし、タバコではないが、タバコのように吸える物があれば、禁煙が出来る可能性が高まるでしょう。その可能性を秘めているのが、電子タバコです。電子タバコは、タバコのように身体に害はありません。臭いもありませんし、副流煙の危険もありません。なのに、タバコを吸っているような感覚で、水蒸気を吸えるので、タバコをどうしても吸いたくなったら、電子タバコを吸うようにすれば良いでしょう。禁煙はタバコを吸わなければ成功です。我慢が出来なくなり、吸ってしまうのが失敗の理由です。
なので、我慢をしないで、代わりとなる物を吸ってしまえば良いでしょう。そもそも、代わりのように吸えない人は、難しいかもしれませんが、その場合は色々な種類があるので、色々と試してみるのも良いでしょう。

次の記事へ

ページトップへ